ホワイトカラーがよく犯す7つの卵管閉塞自己慰めダイエット嘘

あなたはダイエットして、ダイエットには日に日に大きくなって、毎日が大きくなって、毎日のために悩みます.きれいなタイトなファッションにフィットしていないかとため息をついています.おいしい料理の誘惑には止められないか、食べるというのは、食べての戒めだ.正当という理由で自分を慰めることがよくあるかどうか.上記の症状があれば、あなたは気をつけて、からあなたはいつの間にかの中でから受け入れ七条の善意のうそ、それはあなたのダイエットが失敗の原因!あなたはよく自分に嘘いち:“ただ夜ななしち時以降はもう食べものはダイエットすることができました!」いつ食事を食べるのが重要で,卵管閉塞、肝心は食べたのは何、いくら食べましたか.もし昼間食べ過ぎるので、適切な運動して消化し、夜は間食する、会長は肉の!うそ2:毎日体重と呼ばれ、ダイエットに注意してダイエットすることができます!正しい食やダイエットを運動する保証毎週500グラムの体重、しかし家庭用ダイエット秤の目盛りは明らかに示しようなかすかな変化、毎日体重をはかると感じます進歩にがっかりしない.正しいアプローチは運動を堅持して、定期的に3~4週間一回あなたを見つけると、自分の本当の軽くなったよ!嘘さん:“私は鍛えていい体重を減らすことができるため、私はカロリーの摂取.」鍛えないかもしれない、あなたも自然にやせて長時間持続しないが,しばらくメニュ.だけでは、運動は脂肪がが筋肉で、新陳代謝を活発な速度で、より多くのエネルギーを消耗.うそ4:“はい、何の方法がありますか?私の肥満は父の母が遺伝して私に遺伝したのです!」確かに,あなたの遺伝的親のこのときの遺伝子が、さらには、あなたが自覚のない継承と親のいくつかの生活習慣.嘘ご聡明な私はいつも何種類の食品の組み合わせを一緒に食べて、こうすればより効果的な「燃える体内の熱量を助けて.専門家は検証して、何種類の食品の組み合わせはいっしょに食べて、かえって多くの熱量が発生することができます.嘘ろく:“もし運動の前にものを食べないで、私は運動が消耗時多くの脂肪.」実は腹を運動して、あなたはまったく保証できない鍛えて有効な消耗熱エネルギーは、最良の方法は運動前の時間に少し補充さん、必要な燃料.嘘7:低脂肪の食べ物を食べて、ダイエットすることができます!低脂肪の含有量の食品を摂取する心臓病、糖尿病やがんなどの多種の疾病、ダイエットする目的を達成することができません.

五個の卵管閉塞小習慣はあなたに水を潤し女をします

今多くのホワイトカラーは毎日エアコンのオフィスに生活しているオフィスに生活して、乾燥しているだけでなく、時間長くなって長い小さい紋、さらに体内の水不足による各種の小さい間違いを言っても.だからわれわれは平日養成これらの保湿の良い習慣を拭いて、外と内が調整に整えて、このようにあなたができます水潤の女.

1:朝晩2杯の白お湯

習慣に慣れて、朝晩2杯の白湯

に慣れてにしては、少なくとも朝晩各1杯ずつお湯,水温はあまり高くない.朝の1杯は腸を清潔にすることができます.夜間の失う水分補充、夜の一杯は一晩の間に血液を保証することができない程度水不足であまり黏調.血液の粘る稠密加速脳の酸欠、色素瀋着を早めに来るし.そのため、毎晩飲み水の作用は見くびるない.

1瓶のミネラルウォーター

に慣れて

習慣に慣れてPは、ミネラルウォーターは微量元素とミネラルは皮膚に必要なものだという.顔を洗ってから仰臥、鉱泉、ミネラルウォーターできれいなガーゼを浸し、顔につけ、ガーゼが乾いた後再び濡れ、繰り返し、顔面に微量元素の栄養補給をしたことに等しい.

1つの簡単なパック

は1つの簡単な顔の膜

に慣れて

毎晩寝る前に、1つの簡単な膜で、たとえばと殘りの牛乳やヨーグルトを簡単DIY顔の膜はとても悪くないの、その役割を堆積顔面の汚いものを出して、そして肌についてきつい運動、そして塗っ護膚品,レビトラ20mg30錠,卵管閉塞、このように、夜の皮膚を得ることができることを最も科学の修復.

また注意するのは、女性の睡眠時間が遅すぎない、特に夜じゅういちを超える時から夜じゅう時から翌朝ご時、皮膚の修復の最優秀時間、睡眠中の修復が有効.寝つく時間が真夜中、第二日の後に、眠って、再び長い間、皮膚の最良の保守時間を逃してしまった.

インドア4:室内に緑の植物<P>に慣れている

習慣に慣れている

p植物は根元から吸収した水分を通して、ごくわずかな部分で自分の命を維持するために、他の圧倒的多数は空気の中に放出されます.だから、加湿器を増加することができますを除いで家屋の空気の湿度のほか、いくつかの绿植並んで購入、花卉、家にも悪くない選択だけではなく、彼らは美しくて,また環境保護.

サボテンの植物は夜間に酸素を吐き出して、人に室内の空気の清新になって、更に湿度の増加を感じることができて、更に湿度の増加を感じます.

大葉绿植類:いくつかの葉っぱが大きいための緑色植物が葉っぱからで蒸発しても水分をため、家屋の空間加湿.例えば巴西木など.

強い光で

協力類:室内空間の光が相対的に屋外で弱い、しかも二酸化炭素濃度が高いため、は室内に置かれて光合成の強い植物を室内に改善乾燥、汚れ空気もいい」

月経期の卵管閉塞女性はくれぐれも3件の事はできない3件の事

月経期はくれぐれもしさんこと、月経は女友達が脆弱な時期に、私たちはよく行くされことでしょう、学会に加護の自分がいいし、私たちは知っていて、この問題を関係あなたの健康、自分の才能のもっと良い生活を享受したのは、このさん事をしないでください!

1、飲酒は

はいけない

結果:酔いやすく起こして肝臓癖が研究では、女性の月経が体内ホルモンのレベルが比較的にdabo動、そこに飲酒が普段より易醉、しかもアルコール肝臓への負担をさらに強めるので、お友達をできるだけ少なく酒を飲んで女性の月経期間.

女性この段階で体内の分解酵素の活動能力が低いレベル,アルコールの分解消化能力が低下して、血液中のアルコールにくいで急速に排泄出かけ、滯在を身の内にが進化に有害物質.この有害物質を一掃するため、人体肝臓は絶えず分解酵素を分解して、負荷はふだんにも多くなって、1不注意してすぐに肝臓の欠点を誘発しやすくなりやすいです.

また、専門家はまた、飲んで,卵管閉塞、人体血液循環、誘発月経量が増えて、冷やしビールなどを飲んで月経困難になります.

P2、抜歯

結果:やすい大出血や感染症を引き起こす月経で歯を抜いて、月経期の女性で、体内の血小板数が減少し、血液凝固硬化性はいつもより低く、このときを創傷性手術を含め、抜歯処理も、難しいかも、止血、出血が普段より多く、出血時間長く手術.陈志遼紹介によると、研究し発見して、月経期の女性の痛覚神経も普段より敏感で、しかも体の抵抗力が弱いので、月経期の歯も倍に痛みを感じて、しかも感染率が高まる.

また、月経期間では、歯の後に、口腔内に長い時間と血味、食欲の影響を与えるために、食欲の影響を受けています.だから,女性は必ず月経期の抜歯を避けることを提案します.

さん、別の血行をよくすることで化淤薬

結果:増える月経流量による貧血一般にとって、補血保健品、血行をよくすること化淤類薬で月経期の停止すべきだが、多くの女性はわからない、結局自分月経量が急激に増加して、深刻な者も呼ぶ重度貧血や月経期の出血.陈志リョウとして、月経期補血薬を使って、血行をよくすること、一方で増える月経の流量を引き起こし、不必要な月経過多一方、月経も薬物の治療効果に影響を与える可能性出血.

彼は紹介して、補血保健品は内服液を主として、血行をよくすること化淤薬は分の外敷や内服2種類の漢方薬を中心に、特に.「多くの血行をよくすること化淤の漢方薬を持つ同時に凝固させ、抗血栓効果、使用後の血管の拡張、血液の流れが加速し、血運のさらに月経流失過度に変えて.西洋医学には血管の拡張薬が少なくない.

女性が秋に卵管閉塞寝ている八大はタブー

秋の睡眠総の原則は――早寝早起き、秋には.というのは比較的に少なくて、秋には睡眠、ちょうど良い睡眠、ちょうどこのようにして補償をします.

は早寝早起き早起き、秋の睡眠は以下のいくつか注意しなければならない.

p(1)寝る前に食べる<P>P寝る前に食べると胃腸負担が増加し、寝、消化不良になりやすい.長期にわたり寝ること、有害な体に違いない.もちろん、お腹がすいていないことも.寝る前に飢餓感を感じるように、適当に食べて質の食べ物では食後しばらく休み寝.

(二)忌寝る前にコーヒー飲む茶

p茶とコーヒーのカフェインは中枢神経システムを刺激することができ、興奮を引き起こし、眠りにくいということです.これに加えて飲みすぎのお茶やコーヒーに夜間頻尿、不利な睡眠.

P(3)で寝る前にテンションが感動p(4)で寝る前に、Pを忌むP、特に若い人、夜は遊んで時間を顧みない人が好きです.過度の娯楽活動は、人の神経が興奮し、睡眠に影響を与えることが明らかにされます.そのために、夜は娯楽で、あまり遅くまで遊んではいけない.娯楽後、散歩や座り込みなどを通じて、自分を落ち着かせ、またベッドにして寝ていると.

(5)忌む寝時多言

忌むpはベッドに入ると、横になって、たくさん話すことができます、興奮、寝つく.また、臥に話す、易傷においついせき鼻.そのために、ベッドに入ると,自分はまず他人と話をしないで、他人はあなたと話し、話をすることができない、それも話をすることはできない、婉曲にベッドに横になっている、長話.

(6)忌眠る時は

面をおおうット時、毛布や布団など自分の顔,呼吸に影響を与える酸欠、体に健康に対しても不利になる.

P(7)で寝る時の口の口

を忌むpは寝るとしても有利に元気をケアしていて.口を開け、口で呼吸、寒く空気とほこりを吸って、のど、肺、胃も寒さによって風邪をひく.だから睡眠の悪い習慣はきっと直して.

p(8)で寝た時は風に吹かれ

を忌む

人体>